長岡禅塾 Nagaoka Zen Juku

禅塾だより

平成28年(2016)年 8月20日更新 

公益財団法人 長岡禅塾の特色

  • 禅による人材育成および育英事業を目的として設立された、大学生対象の禅道場です。
  • 塾生は個室(冷暖房付)を与えられて寄宿し、大学に通いながら塾では禅の実践を行います。(老師について参禅もすることができます)。
  • 運営は当塾ゆかりの企業・団体からの寄付金によって行われていますので、寮費は一切徴収していません。
  • 将来の進路についても何の拘束もありません。
  • 身心の健康な大学生であれば、男女・国籍は問いません。

沿革

 昭和11年、岩井商店(現・双日)の創業者岩井勝次郎氏によって設立。昭和14年4月に開塾式が執り行われました。70年を越える歴史の中で、三百名近くの卒塾生を輩出しています。
長岡禅塾は、公益財団法人であって宗教法人(いわゆる寺院)ではありません。禅の指導は代々臨済系の老師によっておこなわれていますが、塾としては特定の宗派には属していません。

指導者

浅井義宣(半頭大雅)閑栖老師

第二代塾長森本省念老師(哲学者西田幾多郎の高弟)の法嗣。

著   書:
『禅が教える「接心」のすすめ』『対話禅』『無相の風光』『論語と禅』『悟りの構造』『禅-森本省念の世界』等。

北野宗通(大雲)新命老師

第三代塾長浅井義宣老師の法嗣。
相愛大学名誉教授。中国東北大学客員研究員。

著書・論文:
「長岡禅塾物語」『自覚の現象学』『禅と京都哲学』「西田哲学の動的性格について」「西田直門 片岡仁志先生」等。

塾生の生活

日課

 長岡禅塾の塾生の生活は、早朝に坐禅・掃除、昼に大学に登校、夜帰塾して夜坐という生活が基本です。
学業優先を前提として、大学に通ながら禅の修行にふれることのできる日課が組まれています。

5:00:
開静(起床)。
朝課、坐禅、参禅(〜6:00)。
粥座(朝食)。
掃除、作務(〜8:30頃)。
8:30頃〜:
自由時間。学校。
17:30〜:
薬石(夕食)、開浴。
20:00:
禅堂入堂(遅くともこの時間までに帰塾)。
坐禅(〜21:00)。
ただし、4〜6月、9〜11月のみ。
21:00:
解定(日課終了)。
自由時間。就寝時間は自由。
  • 学校の授業等、理由によっては、遅くなる或いは早く出ることも認められる(学業優先)。
  • 薬石当番(夕食当番)は塾生が相談して決める。
  • 日曜日は6:00起床。昼ごろまで作務(労働)。
  • 毎週火曜日は20:00より提唱(老師による禅についての講義)。
  • 制間(休み期間)および土日祝日は夜坐なし。門限は原則として21:00。

年間予定

4〜6月:
雨安居制中(修行期間)。
7月上旬の一週間、雨安居夏末大接心。
期間は学生の都合によって決められる。
7〜8月:
制間(休み期間)。
9〜11月:
雪安居制中(修行期間)。
12月1日~7日:
臘八大接心。期間は変えられない。
12月〜3月:
制間。
  • 制中には、特別な用事を除いて旅行、外泊は認められない。
  • 制間には、帰省するために交代で休みを取ることができる。

*「接心」について
接心とは、1週間の集中的な修行であり、学校も休んで一切外出せず修行に専念する。
長岡禅塾では、7月上旬と12月上旬と年2回の接心を行う。

持ち物

  • 机、布団等最低限の生活必需品。
  • 着物、袴、腰帯、たすき、襦袢、白足袋、下駄、運動着、運動靴、軍手。箸、箸箱、湯呑。
  • 提出書類(入塾願書、履歴書、戸籍謄本、成績証明書、健康診断書)
  • テレビなし(塾生の談話室にはインターネットLAN設備あり)。耐震補強工事済で、各部屋にエアコン設置済み。

過去の塾生・参禅者

過去数年間の塾生の所属大学

 長岡禅塾の塾生は三百名以上の卒塾生が、学会、政界、財界等で活躍しています。
運営は企業・団体からの寄付金によって賄われているため、塾費、寮費等は一切徴収していません。また、卒業後の進路の拘束もしていません。

  • 京都大学研究生、花園大学大学院(仏教学研究科)〔留学生、ブルガリア〕
  • 花園大学(文学部仏教学科)、早稲田大学
  • 花園大学(社会福祉学部)、同志社大学
  • 京都大学大学院(文学研究科)
  • 花園大学大学院(仏教学研究科)〔留学生、ドイツ〕
  • 近畿大学(経済学部)
  • 龍谷大学(経営学部)
  • 同志社大学、カリフォルニア大学〔留学生、イタリア〕
  • 京都大学(法学部)
  • 同志社大学大学院(総合政策科学研究科)
  • 同志社大学(経済学部)
  • 京都大学(法学部)、東京大学大学院(法学研究科)
  • 京都大学大学院(アジア・アフリカ地域研究研究科)

先輩からのメッセージ

過去の外来参禅者

飛鷹 節  (京都大学名誉教授)
山田 邦男 (大阪府立大学名誉教授)
上村 雄彦 (大阪府立大学名誉教授)
堀  宗源 (カナダ、マギル大学教授)
フィル・ジョーダン (アメリカ、ローレンスヴィル高教諭)

お問い合わせ

連絡先

〒617-0824
京都府長岡京市天神二丁目16-1
電話:(075)951-1010
公益財団法人 長岡禅塾

E-mail:nagaokazenjuku@hotmail.com

地図

塾生募集要綱

募集対象:
心身健康で禅に関心をもつ大学生・大学院生で、塾規を順守するもの。学校、専門は問わない。
ただし、禅塾から通学可能で、日課と学業との両立に支障のないこと。
入塾希望者には、随時面接をおこない、決定します。

短期体験入塾のご案内

大学生及び大学院生で、長岡禅塾に関心を持った方を対象に、長岡禅塾の雰囲気に触れる機会を設けています。詳しくはこちらまで

坐禅会、提唱のご案内

大学生・大学院生の方は以下の坐禅会に参加してください。
大学生のための坐禅会:毎月第2日曜日(午前9時より12時まで)。
費用:無料(テキスト料の実費は除く)、参加:特に面接などはありません。

一般の方で希望される方は、面接の上、下記の禅会・講座に参加することができます。参加を希望される方は事前にご連絡ください。

  1. 禅会(坐禅と提唱):毎月第3土曜日 (9:00~12:00)
    ※現在、この坐禅会は満席で受付をしておりません。
    なお、 第2日曜日の「大学生のための坐禅会」(上記を参照)の方にまわっていただくことは可能です。
    その場合には、あらかじめメールもしくはFAXにてご連絡をお願いします。
  2. 講座(提唱):毎週火曜日 (19:30~21:00)

問い合せ・見学受付

入塾希望、質問等は、左記までお問い合わせください。
また、関心をもたれた方(大学生)の見学を、随時受け付けています。電話・メール等で日時を相談の上、直接ご来訪ください。