坐禅会」(9/2)

2L入りペットボトル、計7本(麦茶4本、DA・KA・RA 3本)。

これは、私がこの7,8月、自分の体内に流し込んだ水量である。

普段あまり水分をとらない私だから、これは超異常なことだ。

それほど、この夏が暑かったということである。

 

9月に入り、今日から坐禅会が再開された。

高齢の方が多いので、この夏、無事に過ごされたであろうか、

少し心配したが、杞憂であった。

 

胃を全摘された方、

膝関節症で脚をひきずっておられる方、

心臓に病を抱えておられる方、

みんな体のどこかに、

一つや二つ、不如意なところをお持ちだ。

 

しかも皆さん、遠方からの参禅である。

禅塾近辺の人は、皆無に近い。

高齢になると、2時間近くも費やして、

目的地に着こうとするには、

それだけで、すでにかなり体力を消耗する。

そう考えただけでも、

偉いなぁと思い、貴く、頭がさがる。

 

一体、何が老人方をして

こうも熱心に禅塾に通わせるのであろうか。

理由をお聞きすれば、多種多様であろう。

けれども、詰まるところ、それは人々具有の、

菩提心(真実心)」が、その人を突き動かしているのである。

 

こんなことを思っていたら、今日も、

禅堂からパンパンと、警策の小気味よい音が聞こえてきた。