アンチ・アンチエイジング(10/25)

 

最近、”Antiaging”(アンチエイジング)という言葉を

雑誌の広告などで見かけるようになった。

人生百年時代、いわゆる老後の生活が

長くなってきたことと関係しているようだ。

 

“Antiaging”「老化防止」と、辞書で説明されている。

では、なぜ日本語をつかわずに、わざわざ横文字で表現するのか。

思うに、それは「老」いることが忌み嫌われ、

タブー視されているためではないだろうか。

 

横文字に変えてみても、「老化」の事実は少しも変わらない。

釈尊は「老」の事実を、「生」「病」「死」とともに不可避と受け止め、

それらから目を逸らそうとすることをひどく恥じられた。

二十歳になる前のことである。

 

自らの生命(いのち)を大切にするというかぎりにおいて、

わたしは”Antiaging”に非を唱えはしない。

しかし、生命の自然な成り行きに、無理に抗おうとする態度には組しない。

「反対」を意味する英語の“Anti-”に、わたしはそのような過剰を感じる。

アンチ・アンチエイジングをいう所以である。

 

世阿弥の『風姿花伝』に、

老骨に残りし花」という言葉が見いだされる。

老いても花は、在る。

けれども老いて花のある人は多くない。

 

老人の花は、枯れた相貌に端的にあらわれるようだ。

いつも和顔にして、愛語を語る、

そして、満面にやさしく広がる笑みが、ひとを和ませる。

そういう「柔軟心」は、

老人でなければ、咲かせることの難しい花である。

 

翁の能面(長岡禅塾所蔵)

 

任運騰騰(にんうん・とうとう)。

宇宙大自然の運行に自らを任せて、

悠然とこの人生を送りたいものである。