洗心のすすめ(12/27)

 

「海の底の景色も陸(おか)とおんなじに、

春も秋も夏も冬もあっとばい。

うちゃ、きっと海の底には龍宮のあるとおもうとる。

夢んごてうつくしかもね。

海に飽くちゅうこた、決してなかりよった。」

 

石牟礼道子『苦海浄土』の一節である。

「龍宮のあると」見まごう、不知火の海が、

工場から垂れ流された有機水銀によって、ヘドロの海と化した。

水俣の悲劇は、決して忘れられてはならない。

 

不知火海の夜明け

 

汚染の問題は、しかし、外的世界のことだけではない。

根本的には、むしろ内的世界、すなわち、

わたしたちの心の世界の汚染が問題である。

(この内的世界は、直接的には不可視であるだけに、いっそう厄介である。)

 

仏教では人間の心は、本来清浄なものであると教えている。

ところが成長するにつれ、知恵が付きはじめるとともに、

清浄であった心が汚染されるようになるのである。

 

聖書にも、人類の祖先が知恵の木の実を食べたために、

この世に罪が入ったと書かれている。

知恵は優れたもの、有難いもの、と考えられているけれども、

実は両刃なのだ。俗にいう「悪知恵」ともなるからである。

(環境汚染はこの悪知恵によるところが大である。)

 

生れ子の次第次第に知恵つきて 仏に遠くなるぞ悲しき

 

だからわたしたちは自分の心の汚染に気づいたら、

すぐにそれを払拭する努力を怠ってはならない。

それがヘドロの海と化す前に。

 

年の終わりに当たり、これまで溜まった心のアカを

坐禅という洗浄剤を使って、洗い流してみては如何でしょうか。

 

(本来無一物なのだから、心の汚染など初めから問題にならない。

これが禅の考え方である。けれども、それはそれとして、

一般的にはやはり心の汚染は問題となるだろう。)