蒼天蒼天(1/24)

 

(長岡禅塾の檜林の水仙)

 

年賀状によって思いもよらないことが知らされ、

事の大きさに衝撃を受けることがある。

昨年そんな賀状がたまたま2通私に届いた。

 

その1通は大学時代からの友人K.N.君から。

彼は大卒後、新聞記者→国連職員→大学教員と、

その人生を遍歴し、

そうした経歴が、編集者→大学教員→僧侶と、

転身してきた私の人生と似ているところがあって、

めったに会うことはなかったが、

お互いに相手のことが気になる関係であった。

 

その彼が昨年の年賀状で突然、

「下咽頭がん、ステージ4、試練と向き合っています。

心はとっても元気です」と、記してきた。

私の父や先師の病気の時に知ったことであるが、

症状ステージ4の余命は1年足らずである。

 

早速書いた見舞いの返書には、

「これまでの75年間は素晴らしいものだったと、

とても満足しています。できることならば、今後も、

”(病に)苦しまず、(悲運だと)騒がず、

心穏やかに運命を全うしたい”と願うだけです」とあり、

 

最後に、

「様々な意味で、私は幸運だったと思いますが、

貴兄たちと知り合った学生生活もとても幸運なものでした。

実にありがたく、幸いです」と書かれていた。

N君はそれから、半年して逝ってしまった。

 

諸行無常を実感させられた出来事であった。

蒼天蒼天(そうてんそうてん・悲嘆を表わす禅語)。

 

吾死なば ともに語らん 学び舎を 出でて歩みし 曲折の道 (大雲)