君はどう生きるか ―― これから羽ばたこうとする君に(2/18)

 

卒業式・入学式のシーズンが近づいてきましたね。

この時期、自分の将来について、

いろいろ思いをめぐらせていることでしょう。

そんな君に、一言、語りかけてみたいと思います。

 

仏教に「人身受け難し」という言葉があります。

よくよく考えてみると、

私たちが人として生まれてきたことは、

生物学的な確率の点からも、

奇跡に近いほど、本当にまれなことなのです。

 

せっかく頂いた「この生命(いのち)」です。

自分は何がしたいのか、よくよく考え、

それに向って邁進(まいしん)してほしいと思います。

 

その際に大切なことの一つは、

自分の「こう生きたい」という思いを

強く持ち続けることです。

 

北野大雲老師

 

坂村真民という詩人は「念ずれば、花開く」といいました。

禅では「願心」を強く持てと言います。

願いの気持が強ければ、それだけ努力するでしょうし、

努力すれば、成就の可能性も高くなります。

 

不安もあるでしょう(不安のない人なんていません)。

しかし、最初の一歩を踏み出してみないことには、どうにもなりません。

聖書に“Knock the door, and the door will open.” とあります。

まず、ドアーをノックしてみる必要があります。

どうぞ、自分を信じ、信念をもって前進してください。

 

この春に羽ばたこうとしている君の健闘を祈っています。

大雲