沢庵の話(3/7)

沢庵、すなわち沢庵宗彭(たくあん・そうほう)禅師は、

堺の南宗寺第12世で、南宗寺中興の祖といってもよい大和尚であった。

 

主な事跡の一つとして、

徳川三代将軍家光の剣術指南役をつとめた柳生宗矩(むねのり)に、

禅の立場から武術の極意を授けたことがよく知られていよう。

(その記録『不動智神妙録』が今に残っている。)

 

けれども、私たちにとって馴染のあることと言えば、

何と言っても、大根の糠塩漬け、あの<沢庵漬け>ではないだろうか。

(この漬物のことを、私は「たくあん」でなく、「たくわん」と

言い習わしてきた気がする。)

 

沢庵漬けの由来は、

禅師が郷里但馬にいた時に、

大量の大根が手に入ったが一度に食べきれない。

それで、塩漬けにしておき、あとで取り出してみると、

たいそう美味かった。

それが評判となって、沢庵漬けと呼ばれるようになったとか。

 

また、これを飯の湯漬けとともに

将軍家光に差し出したところ、

空腹で腹を鳴らしていた将軍が

舌鼓を打って美味い、美味いと食べはじめ、

以後、珍重され軍用としても活用されたとか。

(詳しくは禅文化研究所『沢庵禅師逸話選』を参照されたし)。

 

沢庵漬けは、現在では一般の家庭でも広く愛好されているが、

禅の道場では、特に必需品となっている。

そこでは、食後、各自がめいめいの食器を

茶湯と沢庵漬けとで洗い(洗鉢という)、

きれいにすることになっているからでもある。

 

だから、今ではどこの僧堂でも大根を漬けている。

禅塾でも昔はそうしていたが、今は塾生も少なくなって、

大樽と重石だけが小屋の中に仕舞い込まれ、

再び活用される日を待っている。

 

長岡禅塾の大樽と重石

 

さて、沢庵にまつわるこの話、

飽食時代に生きる私たちに、次のようなことを教えてくれる。

第一に、余ったものは棄てるのではなく、工夫をしてうまく使ってゆく。

第二に、贅沢はできるだけ避けて、質素な生活を心がける。

日々このような生活を心がけたいものである。