別離(3/21)

 

君が為に、葉葉、清風を起こす(禅塾通用門入口の脩竹)

 

50年以上も前の話である。

友人Yと、Yを見送りに行った私と友人は、

その日、大阪駅のプラットホームにいた。

大学卒業後、Yは教諭として赴任するため、

列車で長崎県の高校に向け、出発することになっていた。

 

現在もそうであるが、大学を卒業すると、

ほとんどのものが、大夢をいだいて東京方面に就職していった。

大企業でなく、しかも西の方向に職を求めたYのことを、

みんなは「都落ち」だと、冷ややかな眼で見ていたような気がする。

そんなことは歯牙にもかけず、

教職への志を胸に旅立とうとするYを見送るために、

私は友人と、あの時、たった二人でプラットホームに立っていたのであった。

 

年度の変わり目に当たる

三月、四月のこの時節は

人の往来が盛んになる。

そこにはまた、いろんな出会いや別れがある。

 

「会うは別れの始め」と言う。

出会ったものとは、いつか別れなければならない。

仏教はこの苦しみを「愛別離苦(愛するものとの離別の苦しみ)」として、

八苦の一つに数え挙げている。

 

太郎冠者椿(禅塾正門庭)

 

禅僧にも勿論、また別れはある。

その心境や如何。

ここに示されているのは、

一人の僧の、ある別離の一風光である。

 

場面は、人里離れた山奥に住んでいる僧の住まいに

旧知の別の僧が訪ねてきて、

いよいよ別れの時がやってきたのである。

そこのところを、僧は次のように詠う。

 

相送って門を出でて、両(ふたり)ながら語無し

(連れ合って門まで送ったが、共に黙ったままで)

長松影下、立つこと多時

(松の木陰でただ立ち尽くすばかり)

(原文漢詩、『永源寂室和尚語録』上巻)

 

この偈頌の「両ながら語無し」が実によい。

そこには、惜別の限りなき情が表現されている。

と同時に、「長松影下に立つ」二人の僧の間には、何の粘着性もない。

 

そういうしかたで、そこでは「愛別離苦」の苦しみも

見事に透過されているのである。

そういうところまで味わい得る一句である。

 

大燈国師曰く、

尽日相対して刹那も対せず、億劫相別れて須臾(しゅゆ)も離れず