挫折の意義について(4/4)

 

(長岡禅塾の垂れ桜)

 

4月に入ると、

晴れやかな入学式・入社式のニュースが報道されるようになる。

それはそれで、まことにお目出度いことであり、

そのことに対して何か異議を申し立てるつもりは全くない。

 

しかし、それは現象の一面だけを見てのことであって、全面ではない。

言ってみれば、それは陽の面だけの話であって、

その反面である陰の面がそこでは隠されている。

 

残念ながら、不合格にして、

その列に並ぶことのできなかった人のことを、

私はいま考えているのである。

 

悔しいであろうと思う。

悔し涙が込み上げてくるだろうと思う。

しかし、そこで挫けてはいけない。

なんとか態勢を立て直して

前進すべきなのである。

 

もしその挫折体験を乗りこえることができれば、

そのことはその人を人間的に大きく成長させるだろう。

挫折の意義はそこにあるのである。

 

考えてみればよい。

たとえば人類の大事業はすべて、

幾度と繰り返された失敗(挫折)の上に築きあげられてきたものであることを。

 

人間の場合でも同じである。

挫折は人間の心を深く耕す鋤でもある。

そこからよく陶冶された人間、大人物が

練り上げられてくるのである。

 

挫折を知らない人は、人物として

底の浅い人間になり終りやすいものである。

 

「畢竟、勝敗なし」 大雲