一歩退く心の余裕(5/16)

 

禅塾庭のあやめ①

 

今回は彼(若い頃の私)の話から始めてみたい。

 

彼は大学を出て、すぐにある会社に勤めた。

望んで入った会社だったが、

ある人との関係で悩み、4年ほどして、

結局、そこを辞めてしまった。

 

次は会社ではなかったが、

別のところで、やはりまた、

同じように、人間関係に悩まされることとなった。

そこで彼は考えざるを得なかった ――

 

自分自身が変わらないかぎり、

どこに行っても同じことだ、

他とうまくやっていけない原因は、

他の人の方にあるのではなく、

自分の方にあるのではないか、と。

 

禅塾庭のあやめ②

 

吾れ善きに人の悪しきは無きものを 人の悪しきは吾悪しきなり

 

自我(エゴ)こそが、心のすべての病の原因である。

だから自我からの脱却が課題となる。

しかし、言うはやすく、行うは難しで、

ついつい自我が顔を出してくる。

われわれは皆ひどい自我という毒に冒されている。

 

そんなとき、出しゃばろうとする自我に気づき、

「いかんいかん」と我(が)を制御し

「お先にどうぞ」と一歩退く、心の余裕がほしい。

 

すると、不思議にも、

自我中毒の毒気が消散したかのように、

空いた心の隙間を、

清々しい風が吹き抜けてゆくような気がするから不思議である。

 

禅塾庭の紫蘭

 

我という小さき心捨てて見よ 三千世界に障るものなし

 

時には忍耐の必要な時がある。

仏教では「忍辱(にんにく)」といって、

いろいろの問題に耐え忍ぶことを、

大切な修行の一つに数え上げている。

 

*「一歩退く」ことに関して。ちなみに禅の世界では、高い意味で「退歩就己(歩を退けて己に就く)」ということを大切にしている。

われわれの気持は外の世界に向かいがちだが、そこから一歩退いて、本来の自己(無相の自己、無我)に帰るよう心掛けよ、というのである。