「物を先に、人間を後に」(5/23)

 

禅塾茶室前の蹲(つくばい)

 

前回、自己を制御することの大切さについて述べた。

それは他者を優先せよということでもある。

このことは実践するとなると、なかなか難しいが、

頭でなら一応、理会できるだろう。

 

ところが、「他」が人でなく、物になるとどうだろう。

「物を優先させる」ことは、

なかなか分かりにくくなっていると思う。

近現代人が人間中心の考え方に毒されているからである。

 

しかし、よく考えてみると、

人間生活の基礎である衣食住の、

どの一つも「物」に依らないものはない。

だから本当は、「物」をわれわれの上に見るべきだが、

対等にすら見ず、むしろ下に見ているのが実情である。

 

実は物にも生命(いのち)がある(『禅道俗話』)。

この場合、生命とは、そのものがもつ能力(はたらき)のことだ。

物はすべて、それ自身の能力(=生命)を保有している。

 

わが恋は蘭のかおりに水のおと(仙崖)

 

たとえば水には万物を潤すという能力があるから、

「潤す」ことが「水」の生命である。

だからわれわれは「潤す」という「水」の、

この能力を生かして使ってゆくべきなのだ。

そうしないことは、「水」の生命を殺すこと(殺生)になる。

 

有名な逸話を紹介しよう。

滴水宜牧(てきすい・ぎぼく、1822~1899))禅師は、

師匠の儀山善来(ぎさん・ぜんらい)から水を大切にすべきことを厳しく戒められ、

後にみずから滴水と号して、

以来、水一滴をも無駄にしなかったということである。