幽霊人間(8/1)

 

高台寺圓徳院「百鬼夜行展」ポスター

高台寺百鬼夜行展

 

かつてアパート暮らしをしていた頃、

向かいの棟に住んでいた人の幼子が

「暑い暑い」と言いながら表に飛び出してきた。

それを聞いたその家の老婆が喝破した。

 

「夏は暑いもんよ!」

 

「心頭滅却すれば火もまた涼し」

とは言うものの、暑いものはやはり暑い。

こう暑くてはどうにもたまらない、

そこで何か怖い話をと、幽霊の話を思いついた。

 

さて、禅仏教では何をもって幽霊としているか。

 

天龍寺の峨山和尚(1853-1900)がいわれるのに、

「今の世の中は、大抵幽霊の芝居」である、と。

 

真に独立独歩した人はごく稀で、

大抵は何かに依りかかり、

自分の脚で歩いていない、の意である。

すなわち人間の格好をした幽霊だらけだと言うわけである

この種の人を幽霊人間と呼ぶこととする。

 

名誉に依りかかっている人は「名誉の幽霊人間」である。

金銭に依りかかっている人は「金銭の幽霊人間」である。

学問に依りかかっている人は「学問の幽霊人間」である。

そうした幽霊人間が世の中を闊歩している。(『峨山側面集』参照)

 

その点では漱石先生はさすがに偉かった。

文部省から博士号授与の知らせを受けとった時の弁にいわく、

これからも従来通り「ただの夏目なにがしで暮らしたい」と。

漱石はその時、勲章をぶらさげた幽霊人間であることを拒否し、

裸の漱石として生きていきたいという願望を表明したのであった。

 

依草附木の精霊」、

何かに依りかかっていきている人のことを、

昔、臨済禅師はそう言った。

それはまるで草に依り、木に付く幽霊のようだ、と。

 

臨済録に出てくる「一無位の真人」とは、

意識的・無意識的にわれわれが身に着けている一切のものを脱ぎ捨てた、

何にも依らない素裸の自己自身、無依の道人のことである。

無相の自己、無の主体、と言ったりもする。

 

禅仏教において真の人間とは、

そうした無一物にして独歩する人のことである。

 

自灯明・法灯明」という言葉が

釈迦最期の訓戒として残されている。

「自灯明」(自らを灯とする)とは、

何も依らず無的主体となって生きることの勧めである。

 

そしてこのことが、そのまま、

「法灯明」(法=真実の灯の下に生きる)ことになる。

法灯明は自灯明と別のことではない。

 

このように禅仏教は幽霊人間ではない、

真実人間を説く革新的人間学なのである。

 

さて、ここにひとりの読者があって、いぶかしそうに問う、

「これまでのお話しをお聞きしましても、いっこうに怖く思いません」。

大雲、喝していわく、「脚下を照顧せよ!」。

 

禅塾庭の百日紅