長岡禅塾ショート・ステイの記

 慶應義塾大 / 山口 立人

 

長岡禅塾ショート・ステイの案内

 

私は現在、関東の大学に通っています。

過去には一度大学に入学したのちに自分の意向と合わず、

大学を変えた経験があります。

現在通っている大学では様々な分野の学習、

研究に取り組める環境があります。

学生としてとても幸せです。

一方で、自由度が大きいがために今後の方針に迷っていることも事実です。

これからの学生生活や就職活動において

どういった方向に進路を決めていくべきか、本気で悩んでいました。

そんな時に先輩から、長岡禅塾のショート・ステイを紹介していただきました。

夏期休暇を利用して今までにない形で

自分と向き合う時間を設けたいと考えて参加を決めました。

 

 

禅塾に来た当初は早寝早起き、坐禅、作務、など

慣れない生活についていくのがやっとでした。

同様に規律の下に行動することも久しぶりでした。

初めの3日間を終えたあたりで、

「自分は今まで自由な生活を送りすぎていたがために、

学生としての時間、また自分が持っている能力にも

限界があることをつい忘れていた」と考えるようになりました。

その結果、今自分がやるべきことを少しずつ発見しました。

 

このように禅塾では毎日が勉強の連続でした。

その中でも自分が最も印象に残っていることは、

行動によって自分を納得させるということです。

私は普段、何か情報を得る手段としてインターネットを使っています。

しかし禅塾での作務をこなしていると、

自分がいかに細かな点を見落としているか、

また頭を使って効率よく仕事をこなせていないか

といったことが身体で実感できます。

このために自分が何かを理解したいと思ったら、

自らどこかへ出向いたり、誰かに話を聞いたりするなど

行動を起こすことが重要だと考えるようになりました。

もちろん行動が全てではありませんが、

自分が迷った際にはこの経験を思い出したいです。

 

禅塾での生活を終えた後も時折、

深呼吸をして自分に意識を向け、

この一ヶ月間の経験を振り返りたいと思います。