暑さ寒さも彼岸まで(9/23)

 

ヒガンバナ/曼珠沙華 (禅塾の庭)

 

9月20日は彼岸の入り、

朝はぐんと涼しくなりました。

気温は20度くらいでしょうか、

数日前の暑さを思うと嘘のようです。

 

この日もいつものように朝、池の周りを掃除していると、

何かが池の中で動く気配を感じました。

目を凝らして見てみると、

何とカモが2羽、頭を水面に突っ込んで

仲良く餌を漁っているではありませんか。

 

はるか北の方から飛来してきていたのですね。

彼の地ではもう冬の到来が間近だったのでしょう。

 

彼岸の入りとともに涼しくなり、

そして渡り鳥もやってくる。

こうした現象をみていますと、

自然の営みの偉大さを改めて思います。

 

「天何を言うや、四時、行われる」(論語)

自然は無言のうちに

その運行を遂行しているのですね。

 

ついでながら、

わが隠寮の月下美人が

この月の中旬に咲きましたので

その画像も載せておきます。

 

月下美人の花 (禅塾 隠寮)

 

*この花は、昔、片岡仁志先生から頂いたのですが、

(『禅と教育――片岡仁志の世界』(燈影舎、1994年)p.311.参照)

片岡先生はまた山内得立先生(やまのうち・とくりゅう、主著『ロゴスとレンマ』)

からそれを頂かれたと聞きました。