ある編集者の話(10/10)

 

紫式部(禅塾お花畑)

 

彼は現在、フリーの編集者をしている。

もともと在阪の出版社に勤めていたが、

身体を壊してしまい、フリーの編集者に転身したのである。

 

編集者と言えば、

出版社の規模によっても違うが、

普通は本の企画を専らの仕事とする。

 

編集者は企画の後に、適当な執筆者を選定し、

その人に原稿を依頼し、書き上がってくるのをひたすら待つのである。

しかし、彼の場合はそれとは違っていて、

自分で本の企画をし、自分で原稿を書くのである。

 

そして、原稿が出来上ったら、その原稿を本にして

出してくれそうな出版社を探すことになる。

それが一苦労なのである。

なにせ昨今の電子媒体の普及などで、

出版業界が全般に苦境にたたされているからである。

 

特に持ち込み原稿の場合、

本にして「売れる」原稿でなければ、

出版社の方はおいそれとは首を縦に振ってくれない。

 

彼が書くのは、すでに出版された彼の本のタイトルで示すと、

たとえば『ぼくの古本探検記』のような古本にまつわるもの、

それから『著者と編集者の間』のような本の編集に関係したもの、である。

だから内容が特殊でマニヤックなところがある。

 

こうした事情が彼の書く原稿の出版をいっそう難しくしている。

それでも彼はその種の本をこれまで20冊近くも出版にこぎつけている。

これは大変ことで、わたしは感服するばかりである。

 

彼は新しい本を出すと、いつもわたしに一冊送ってくれるのだが、

今回また『タイトル読本』という新著を贈呈してもらった。

これは文筆業を生業とする作家ら約50名のタイトル論を集めた本で、

彼らが本のタイトルをつけるのに如何に苦労しているか、

その楽屋裏を覗かせてもらっているようで、

本好きな人や文学好きな人には、たまらなく魅力的な書物になっている。

 

ちなみに、その中でわたしがとくに面白く読んだのは、

田辺聖子、浅田次郎、小川洋子、群ようこ、内館牧子、の文章だった。

それから第Ⅳ章の編集者の立場から書かれたものも、

昔ちょっと編集の仕事にたずさわった関係で興味深く読んだ。

 

最後になったが、文中の「彼」とは、

私の敬愛する古くからの友人、高橋輝次さんのことで、

ここで紹介した本は、『タイトル読本』(左右社、2019.9.30.)でした。