「ボーっと生きてんじゃねーよ」(11/21)

 

 

コレはNHK番組「チコちゃんに叱られる」でお馴染みの、

チコちゃんの決めぜりふですね。

 

ご存じだと思いますけど、その番組では、

身近なことなのですが、普段あまり留意していないようなことが

問題として提出されます。

 

たとえば、次のように(10/25の番組から)

「浦島の玉手箱って何?」

「薬はなんで苦いのか?」

「さんまの内臓はなぜおいしい?」

 

こんなことを突然問われると、

大抵のひとは答えることができないので、

場当たりなことを言ってしまうわけですが、

それを聞いて、チコちゃんが、

例のセリフで大人たちを喝するわけですね。

 

そこで愚僧は思うのです。

もっともっと身近で、

しかしまったく見過ごされている問題があるんじゃないですか、と。

 

それは自分の生と死の根源についてです。

わたしたちは毎日、いやこの瞬間も生きています、

そして、やがて死んで行きます。

けれどもその生はどこから来るのでしょうか、

また、死んでどこへ行くのでしょうか。

 

弘法大師空海は、

そのことについて私たちが無知であることに対して、

「生れ生れ生れて生の始めに暗く、死に死に死んで死の終りに冥(くら)し」

と叱責されています。

 

さぁ、そこで、チコちゃんの出番です。

「ぼーっと生きてんじゃねーよ」

 

ここのところを禅語に翻訳しますと、つぎのようになります。

 

生死事大(しょうじ じだい)

生死の問題ほど重大な問題はありません。

 

光陰可惜(こういん おしむべし)

この問題の解決のために一瞬たりとも無駄にしてはなりません。

 

無常迅速(むじょう じんそく)

ぼやぼやしていると時間はあっという間に過ぎてしまいますよ。

 

時不待人(とき ひとをまたず)

時は人を待ってはくれません。

 

「ぼーっと」している間に、

根本のところが何もわからず墓場まで来てしまった、

と言うようなことは避けたいものです。

 

*空海の言葉は、「私たちは生れては死に、また生まれては死ぬ」という

輪廻の思想を前提としていますが、そのことが信じにくくなっている現代では、

それを瞬間瞬間のこととして考えてみればよいでしょう。

厳密に考えれば、瞬間瞬間のうちに私たちの生と死は繰り返されているのですから。

(「大雲好日日記 7」を参照)