一老人の年賀状(1/1)

 

長岡天満宮の絵馬

 

しわがよる ほくろは出来る 腰まがる

頭は禿げる 髪白くなる

(仙厓和尚)

 

これは東の良寛、西の仙厓といわれた

仙厓義梵和尚(1750-1837)の歌です。

和尚の「老人六歌仙」の最初に出ています。

 

ところで、仙厓和尚は一体どのような気持ちから、

そのような歌を詠ったのでしょうか。

 

「老人六歌仙」には同じような老いの歌が

あと五首つづくのですが、

そこには、自らの老境を嘆くと言うよりは、

むしろ老いてゆく自分の様を客観的にながめながら、

それを面白おかしくユーモラスに描写する

心の余裕が感じられます。

 

私も仙厓和尚のように自らの老いをそのまま大らかに受け入れ、

好き晩年をこれからも送って行きたいものだと考えています。

 

令和最初の新年を迎えるにあたり、

皆さまのご多幸をお祈りいたします。

 

大雲老人