呉春の白梅図(令和2年1月8日)

 

白梅(禅塾正面庭)

 

古来、日本人は春の訪れを

梅の香りとともに感じてきたようである。

 

東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな(菅原道真)

きえやらぬ雪に春まつ梢より まづにほいくる庭の梅が香(本居宣長)

 

そこで今回は梅に因んだ話、

呉春の白梅図を話題にしてみたい。

 

呉春、松村呉春(1781-1789)は、

画を最初、与謝蕪村に、のちに円山応挙について学んだ。

江戸は天明の時代に活躍した絵師である。

 

先年の秋にその呉春の展覧会に行ってきた。

展示場は逸翁美術館、

大阪の池田市にある。

 

数年前に同じ美術館で見た

白梅図屏風(重文)を

是非もう一度見てみたかったからである。

 

浅葱色の背景に

細い枝のうえに無数に散りばめられた

小さな白い梅の花。

 

その素晴らしさを

言葉で表わすことは私にはできない。

まさに筆舌に尽くしがたい、というほかない。

 

蕪村辞世の句に、

白梅に明ける夜ばかりとなりにけり

がある。

 

萩原朔太郎はこの句を評して、

「白々とした黎明の空気の中で、

夢のように漂っている梅の気あいが感じられる」

と述べている(『郷愁の詩人 与謝蕪村』)。

 

(その「気あい」のうちに、

梅の香りも含まれているのだろう。)

 

呉春の白梅図はどこかそんな感じもする画である。

呉春の画風に関しては日本美術史に一任する。

 

呉春その人について

作家の司馬遼太郎が「天明の絵師」というタイトルで、

師匠であった蕪村との関係を中心に小説に仕立てている。

あくまでフィクションだから事実とは異なるであろうが、

その人の一端は窺えるかもしれない。

 

*梅は中国原産の植物なので、当然、禅の言葉の中にもたくさん登場しています。

その例をここに少しあげておきましよう。

 

一枝の梅花 雪に和して香(かんばし)

一枝梅花 和雪香

 

一点梅花の蘂(ずい) 三千世界香(かんばし)

一点梅花蘂 三千世界香

 

東風吹き散ず梅梢の雪 一夜に挽回す天下の春

東風吹散梅梢雪 一夜挽回天下春