「あるがままをあるがままに」(令和2年1月15日)

 

仏の眼(仏像・長岡禅塾所蔵)

 

近 都世(ちか・とよ)という人の

『女人参禅記』という本を読んでいたら

次のような話が出ていて目に留まった。

その話をここに紹介しておこう。

 

近夫人が足利紫山老師(方広寺第三代管長、1859-1959)に

参禅していた折り、老師から「仏の眼を見てくるよう」に言われ、

早速、寺の本堂に安置されていた仏像を正面から仰いでみた。

本堂から戻って、夫人が「慈悲深いお眼でした」と言うと、

老師、「届かん。見直してこい!」、との返答。

 

夫人、本堂にかえり再び仏像を拝見し、

今一度、答えていわく、「あたたかく寂(しず)かな」と。

老師いわく、「白雲万里(遠く届かぬの意)」。

 

「深く澄み透った」

「瞑想そのもの」

「悟りすました」

・・・

 

いろいろ答えを試みてみたが、すべてダメ。

その日はそのまま日が暮れてしまった。

 

翌日、再挑戦。

しかし前日と同じで、一向に老師の許しが出ない。

ついに答えに窮するにいたる。

老師、いわく、「お前は、きれいな言葉を、たんと知ってるのう。

小坊(夫人の三男、9歳)は何というかな、聞いてごらん」。

 

そこで子供を連れて仏像の前へ。

どんな眼か聞いてみると、

子供は即座に、「細長いなあ、仏さまの眼」と。

 

「なあんだ。つまらない」

「もっと別のこと言ってごらん」

と、夫人がせっついたが、

子供は、「僕、わかんない」と言うばかり。

 

仕方なく、子供をつれて子供の答えをそのまま老師に呈してみる。

すると、老師、「おお、そうだったか、よしよし」。

「こんなになーがいお眼だったなあ・・・小坊」と言いながら、

自分の眼を両手の指でスッートと耳の辺りまで引きつつ呵呵大笑されたとか。

 

話はこれだけだのだが、

この話を私たちは笑って済ますわけには行かないと思うのである。

 

幼い子供は正直である。

あるがままをあるがままに見て、

そのままを言葉で言い表すことができる。

 

これに対して、

大人はあるがままをあるがままに見ることができず、

ああじゃ、こうじゃと格好をつけたがる。

何という汚濁した心! 何という不真実!

 

幼い子供のような正直な心を、

仏教では「無心」「平常心」「仏心」といろいろに言う。

そしてそのような飾らない心を習得せんとするのが、

ほかでもない禅修行というものなのである。

 

足利紫山老師の「仏の眼を見てこい」は、

実は「仏心」に目覚めさせるための、

近夫人に与えられた公案(禅修行者のための問題)だったのだ。

 

*近都世『女人参禅記』(木耳社、1979年)、94~96頁を参照。