花の世の 花のやうなる 人ばかり(令和2年4月29日)

 

中川宗淵老師

 

浅井老師が遷化されて暫く経ってから、

いつも老師が使っておられた机のまわりを整理していると、

その中に中川宗淵老師の句集が

数冊まとめて置かれているのを発見した。

 

浅井老師は、正眼寺を暫暇した後、

1952(昭和27)年に龍澤寺に掛搭されているが、

その時の師家がちょうど中川宗淵老師である。

だから、そのころ両人は師家と学者(修行僧)として相交わったことになる。

 

そういうことを通してか、

二人はお互いに相通じるものを感じとっておられたようだ。

両人とも詩人肌であるところが共通する

 

〇酒樽の ひとりころがる うらゝかな(宗淵)

〇空っぽの 月が踊るよ ぽんぽこぽ(大雅)

*「大雅」は浅井老師の道号。

 

浅井老師は提唱の折り、

ときどき中川老師の次の句を私たちに示された。

 

〇涼しさや 指一本を 天の川

 

昔、中国は唐の時代に、

一切事を指一本で収めたという禅僧がいた(『無門関』第3則)。

この句はその話を踏まえている。

 

そこには、一本指(実は作者自身)に、

涼しく吹く風や満天の銀河を収めて、

それらと一体化している様子が詠われている。

 

〇花の世の 花のやうなる 人ばかり(宗淵)

 

一面、満開の桜、

そこに集う人も皆々、桜となって咲いている。

(今は長岡天満宮の霧島つつじが満開です)。

 

長岡天満宮の霧島つつじ

 

「花の世の」のこの句は宗淵老師お気に入りの一句のようだ。

作は1946年4月8日。

終戦の翌年、「灌仏会」の当日であった。

 

*中川宗淵老師(1907-1984):東京大学文学部国文科を卒業。

山本玄峰老師の法嗣。1951(昭和26)年に龍澤寺僧堂師家。

句作は飯田蛇笏を師とする。句集に『詩龕』等がある