ざれうた(令和2年8月12日)

 

 

百日紅の花(禅塾周辺)

 

 

暑気を忘れるために少し言葉遊びを楽しんでみました。

 

・奇襲する新型コロナはゲリラ兵(どこに潜んでいるかわからない)

・コロナ弾ながれ弾がおそろしい(当たりませんように)

・コロナ弾ワクチン砲で撃退せよ(早期の開発が望まれる)

 

・先延ばし先延ばしになる食事会(ああ、いつになったら?)

・食事会一手にグラス一手はマスク(忙しいことです)

・食事会一人で飲んで盛り上げる(Wyntonなんかを聴きながら)

 

・近頃はマスク美人が多くなり(予期もせぬこと)

・マスク美人マスク外せばただの人(がっかり)

・マスクとは仮面のことだと合点する(なるほどなるほど)

 

・二〇年地球人が皆マスク(世界史的現象)

・それ以前マスクをとるのがエチケット(マナーも変わる)

・距離をとれと言われて困るハグの国(どうします?)

 

・西村さんいつも笑った顔してる(経済再生相)

・あの人はマスクの内に何隠す(ますます人物が分からなくなる)

・あの人の髪量気になる記者会見(気にしてあげてます)

 

・マスクして子供なんだか一人前(ちょっと生意気な感じ)

・教室は色とりどりの花マスク(可愛い)

・自慢げに母の手作り見せてみる(昔は手袋でした)

 

・アベノマスク首相以外は未開封(役立たずで)

・安倍首相思慮たらずで寸足らず(ちぐはぐ)

・安倍さんはアベノマスクして意地示す(仕方がないでしょう)

 

・閣僚たち平気でパスするアベノマスク(命に代えられません)

・安倍さんがその声きいてマスク変え(今頃になって)

・Go to トラベル、Go to イート、なんでも ゴウ、ゴウ(大丈夫かいなー?)

 

「あべの新国語辞典」

・「丁寧に」:言質をとられないように細心の注意を払うこと。

・「スペード感をもって」:国民の意見など聞かずに、ひたすら自分を考えを推し進めること。