「盤珪の不生禅」(令和2年9月30日)

 

禅塾近辺のタマスダレ

 

この夏は盤珪の不生禅について考えていました。

ここで少し整理をしておきたいと思います。

 

まず、盤珪とその不生禅について簡単に見ておきます。

 

盤珪永琢(ばんけい・ようたく、1622-1693)は江戸時代の初め頃(元和~元禄)、

現在の姫路市網干の龍門寺を中心に日本の各地で活躍した禅僧で、

道元、白隠とともに「日本」禅を挙揚した大禅師でした。

その禅は不生禅という名で知られています。

 

「不生」とは、根本的には、生と死に関する思いを始めとして、

一切の思いの生じないことを言うのだと思います。

 

盤珪は修行に苦心に苦心を重ねて、

ついに「不生で一切事がととのう」と悟りました。

つまり何かについて、その思いが起きなければ、

問題は生じないというわけです。

 

一切の問題の所在は「思い」にあると看破したのです。

それで以降は「不生」の二文字だけで人々を教化しようとしました。

 

実は「不生で一切事がととのう」という

盤珪の悟りの言葉と同様の趣旨のことが、

盤珪よりずっと以前に言われていました。

 

三祖僧璨(そうさん、中国、500~505頃-606)の「信心銘」に

「一心不生ならば、万法咎(とが)なし」、すなわち、

「思いが生じなければ、万事問題なし」と言われていて、

これは盤珪の「不生で一切事がととのう」とほぼ同じ意味になります。

 

しかし三祖が「不生」の文字を使って説法したという形跡はなく、

その点で盤珪がその文字一本で人々を仏道へ導こうとしたことは、

やはり独特であったと言わなければなりません。

 

そのほか、以下の諸点も

盤珪禅の特色として挙げることができるでしょう。

 

1 坐禅や公案を重視せず、浄土系の宗教と同様によく聴聞することを薦めたこと。

2 規矩縄則をもってせず、不生によって治めようとしたこと。

3 棒喝によらず三寸(口頭)で接化しようとしたこと。

4 難しい仏語祖語にたよらず日常の生活に即して仏法を説いたこと。

5 禅問答に漢語を用いず、日本人に分かりやすい日常語を用いたこと。

 

これらの点は、

中国の禅を踏襲してきた日本の禅の修行形態としては、

他に例を見ない独特なものでした。

 

それらのうちで私が特に注意したいのは、

盤珪が(1)に挙げたように聞法を重視していた点です。

聞法とは文字通り仏法を聴聞することを言います。

 

たとえば、盤珪はつぎのように説教しています。

「身どもが指図にしたがって、身どもが指図をとっくりとお聞きやれ。

とっくと聞いて決定(けつじょう)めされば、

直に今日の活仏(いきぼとけ)じゃ」。(御示聞書、下)

 

このような聞法形式は親鸞・蓮如に代表される

浄土真宗で重視される教化のやり方で、

そこから妙好人と言われるような篤信の信者が

たくさん誕生しました。

 

聞法は足を組む坐禅とは異なりますが、

無我で聞かねばならない(盤珪は「とっくと聞いて」と言っています)

という点でいわゆる坐禅とそう違わないところがあります。

坐禅も無我で坐らなければならないのですから。

 

仏法の行法はすべて無我(無心)、三昧(禅定)を

根本に据えているのです。

 

盤珪は臨済宗の僧侶であったにもかかわらず、

一般大衆のためには聞法をよしとしていました。

盤珪はこの方法によほど自信があったのでしょう。

 

それで聞法については

もう少し研究してみる必要があるようです。