お孫さんたちの通参に思う(令和3年5月26日)

 

シャクヤク(長岡禅塾)

 

大阪、京都、兵庫に緊急事態宣言が発出されているこの5月は、

1月と同様にすべての禅会が休会となってしまった。

そんな中で護法会の世話人である脇本さんのお孫さん二人が、

脇本さんの車で熱心に禅塾に通ってきている。

 

日曜日の朝9時頃に禅塾に到着し、

午前中は作務、その後、斎座(昼食)を挟んで、

昼から一時間半くらい禅堂で坐禅をして帰宅、

大体そういうスケジュールである。

 

最初は一回限りのことだと思っていたのだが、

二回、三回となり、

こちらは感心することしきりである。

 

聞くところによると、

お孫さんたちの方が積極的で、

禅塾に行くのを楽しみにしているとのことである。

うれしいことだ。

 

思うに、

これには脇本さんの影響の大きいことがまず挙げられよう。

いつどのような仕方であったのか知らないが、

お孫さんたちは脇本さんの話を聞くなどして、

一度自分も坐禅をしてみたくなったのだろう。

 

大げさに言えば、

脇本さんの仏性がお孫さんたちの仏性を覚醒させたのである。

素晴らしい事ではないか!

必ずお孫さんたちの精神的財産になるはずである。

 

世界の人たちも注目している禅を

ぜひこの国でも受け継いでいってもらいたいものである。

そのために禅を年少の子供たちの間に、

伝えてゆく仕事が大人の通参者にもあるのではないだろうか。