公益財団法人 長岡禅塾 公式ホームページ
ブログ

大雲好日日記

大雲好日日記ー86 「私と論語」

私と『論語』(令和2年4月1日)   最近、といっても昨年暮れのことだが、 面白い『論語』の本に出合った。 そこでまず、『論語』と私との付き合いについて少し話してみたい。   私と『論語』とのお付き合 …

大雲好日日記-85 「山中伸弥教授の機(はたらき)」

山中伸弥教授の機(はたらき)(令和2年3月25日)   八条ガ池に立て掛けられた看板   「iPS細胞も大切だが、 目の前にある大きな脅威に、 医学研究者として貢献したい」。   山中伸弥教 …

大雲好日日記-84 「桃の夭夭(ようよう)たる」

「桃の夭夭(ようよう)たる」(令和2年3月18日)   3月3日は「雛祭り」、別名「桃の節句」とも呼ぶ。 3月11日は「東日本大震災」の日、今年で9年となるが、 暦(七十二候)の上では、この日から 「蟄虫戸を啓 …

大雲好日日記-83 「小鳥の説法」

小鳥の説法(令和2年3月11日)   3月5日は暦の上で「啓蟄(けいちつ)」となっている。 冬ごもりしていた虫たちが 一斉に土の中から出てくる季節の到来を意味する。   その頃になると、 虫を捕食する …

大雲好日日記-82 「春はあけぼの」

春はあけぼの(令和2年3月4日)   春はあけぼの やうやう白くなりゆく山ぎは 少し明かりて 紫だちたる雲の細くたなびきたる   『枕草子』の有名な冒頭の一節である。   作者である清少納言 …

大雲好日日記-81 「寺の鐘の音は騒音ですか?」

寺の鐘の音は騒音ですか?(令和2年2月26日)   板(はん) 朝5時と夜9時の2回、この板を打つ   スイスでも教会の鐘の音を「うるさい」 と感じる人がいると聞いて驚いた。(2/2朝日新聞グローブ) …

大雲好日日記-80 西村惠信著『禅語に学ぶ 生き方 死に方(向上編)』に寄せて

西村惠信著『禅語に学ぶ 生き方 死に方(向上編)』に寄せて(令和2年2月19日)   『禅語に学ぶ 生き方 死に方(向上編)』(禅文化研究所) 著者・西村惠信(禅文化研究所前所長) 写真・西村惠学(禅文化研究所 …

大雲好日日記-79 「麒麟は瑞祥なり」

麒麟は瑞祥なり(令和2年1月29日)   勝竜寺城・正門   先週の日曜日(19日)から、 今年のNHK大河ドラマが放映されています。 明智光秀を中心にしたドラマであることはご存じの通りです。 &nb …

大雲好日日記-78 「八朔(ハッサク)」

八朔(ハッサク)(令和2年1月22日)   はよ採れと ばかりにハッサク 枝を垂れ (大雲)   1月の中旬あたりから スーパーの果物売り場に八朔が並びはじめた。 その頃になると、私はいつももうすぐ春 …

大雲好日日記-77 「あるがままをあるがままに」

「あるがままをあるがままに」(令和2年1月15日)   仏の眼(仏像・長岡禅塾所蔵)   近 都世(ちか・とよ)という人の 『女人参禅記』という本を読んでいたら 次のような話が出ていて目に留まった。 …

1 2 3 9 »
PAGETOP
Copyright © 公益財団法人 長岡禅塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.