公益財団法人 長岡禅塾 公式ホームページ
ブログ

大雲好日日記

大雲好日日記ー108 「母について」

母について(令和2年9月23日)   禅塾の彼岸花   〇 声を かぎりに 母の名よべば 花の おもかげ やさしく浮かぶ あゝ 生きる日の 哀しみも み手 にすがれば 涙にとける うれしなつかし 観世 …

大雲好日日記ー107 「加賀の千代女(ちよじょ)のこと」

加賀の千代女(ちよじょ)のこと(令和2年9月16日)   朝顔   どうしたことがキッカケだったか忘れましたが、 加賀の千代女と呼ばれる女性のことが気になっていました。   千代女のことは …

大雲好日日記ー106 「メメントモリ」

メメントモリ(令和2年9月9日)   北野老師筆   <世界> 8/29死者数83万1827人(+6029)、感染者数2446万6482人(+28万4452) 9/5 死者数86万8810人(+568 …

大雲好日日記-105 「漱石という大樹」

漱石という大樹―寺田寅彦の思い出より(令和2年9月2日)   長岡禅塾の薄(ススキ) 「秋晴の強き芒(すすき)にふれにけり」(石鼎) *原石鼎(はらせきてい)大正期の「ホトトギス」を代表する俳人の一人 &nbs …

大雲好日日記ー104 「安楽死について」

安楽死について(令和2年8月26日)   長岡禅塾の木槿(ムクゲ)   難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)に苦しむ女性患者が安楽死を希望し、 それに応じた医師が薬物を投与して彼女を死にいたらしめた事件 …

大雲好日日記ー103 「景観は一日にして成らず」

「景観は一日にして成らず」(令和2年8月19日)   長岡禅塾周辺の池   寺田寅彦の文章を読んでいたら、 こんなことが書いてありました。   「日中の暑い盛りにはやはり暑いには相違ない。 …

大雲好日日記ー102 「ざれうた」

  ざれうた(令和2年8月12日)     百日紅の花(禅塾周辺)     暑気を忘れるために少し言葉遊びを楽しんでみました。   ・奇襲する新型コロナはゲリラ …

大雲好日日記-101 「人のために涼しい木陰となる」

「人のために涼しい木陰となる」(令和2年8月5日)   禅塾の松の大木   梅雨も上がって本格的な猛暑のシーズンに突入しました。 外に出かけた時など余りの暑さに、 ちょっと木陰で一休みしたくなることも …

大雲好日日記ー100 「観音経を唱える」

「観音経を唱える」(令和2年7月29日)   百日紅(長岡禅塾)   妙音観世音(みょうおん・かぜおん) 梵音海潮音(ぼんのん・かいちょうおん) 勝彼世間音(しょうひ・せけんのん) 是故須常念(ぜこ・ …

大雲好日日記-99 「感慨--“I did it my way”」

「感慨--“I did it my way”」(令和2年7月22日)   禅塾隠寮の月下美人   And now the end is near, And so I face the final cu …

1 2 3 11 »
PAGETOP
Copyright © 公益財団法人 長岡禅塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.