公益財団法人 長岡禅塾 公式ホームページ
ブログ

大雲好日日記

大雲好日日記-68「良寛の法華讃」

良寛の法華讃(11/7)   『良寛 法華讃』(竹村牧男著、春秋社刊)   今春、『良寛 法華讃』(竹村牧男著、春秋社刊)という本が出版された。 良寛は法華経8巻28品のそれぞれの品(章)に、 自ら偈 …

大雲好日日記-67 「棄ててこそ」

「棄ててこそ」(10/31)   石榴(ざくろ)(長岡京市内) 「ひやびやと 日のさしている 石榴かな」 (安住 敦)     新聞でこんな記事を読みました。(10/13、朝日) &nbsp …

大雲好日日記-66 「高橋新吉の詩『留守』について」

高橋新吉の詩「留守」について(10/24)   隠寮裏庭に咲いた白萩の花 「白萩のさゆらぐ庭の雨の寺 ひとつ雫は糸ひきて落つ」安立文子     留守と言え ここには誰も居らぬと言え 五億年経 …

大雲好日日記-65 「岩井勝次郎翁と森本省念老師(橋本独山和尚の法孫)」

岩井勝次郎翁と森本省念老師- 橋本独山和尚の法孫 (10/17)   岩井勝次郎翁(長岡禅塾の創設者、1863-1935)   森本省念老師(長岡禅塾第二世、1889-1983) この二人の間に、 生 …

大雲好日日記-64 「ある編集者の話」

ある編集者の話(10/10)   紫式部(禅塾お花畑)   彼は現在、フリーの編集者をしている。 もともと在阪の出版社に勤めていたが、 身体を壊してしまい、フリーの編集者に転身したのである。 &nbs …

大雲好日日記-63 「天香、山に満つ」

天香、山に満つ(10/3) モクセイの大樹(禅塾庭)   町を歩くと、どこからともなく 木犀(もくせい)の甘い香りがしてくる季節になりました。   そこで今回は 木犀の香りに題材を得た禅話を ひとつ紹 …

大雲好日日記-62 「祥福寺(禅寺探訪記5)」

祥福寺(禅寺探訪記5)(9/26)   門までの石段(祥福僧堂)   禅塾でショート・ステイをしていたY君をともなって、 9月9日に神戸の祥福寺を訪ねてきました。   祥福寺は臨済宗妙心寺派 …

大雲好日日記-61 「暑さ寒さも彼岸まで」

暑さ寒さも彼岸まで(9/23)   ヒガンバナ/曼珠沙華 (禅塾の庭)   9月20日は彼岸の入り、 朝はぐんと涼しくなりました。 気温は20度くらいでしょうか、 数日前の暑さを思うと嘘のようです。 …

大雲好日日記-60 「所さん!大変ですよ」

「所さん!大変ですよ」(9/19)   木槿(ムクゲ)の花(禅塾の庭)   私は毎朝、参禅を聞き終ると、外掃除に出る。 いつも大体、5時50分頃である。   寒い冬が終わり、桜の花が咲き始め …

大雲好日日記-59 「京都国立博物館員のマリサ・リンネ さん」

京都国立博物館員のマリサ・リンネ さん(9/12)   涼風を求めて(京の川床から夕暮れ時の鴨川を望む)   この間(9/3)何気なくテレビを見ていると、 ブラウン管から「マリサ・リンネさん」と言う、 …

« 1 4 5 6 11 »
PAGETOP
Copyright © 公益財団法人 長岡禅塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.