公益財団法人 長岡禅塾 公式ホームページ
ブログ

森本省念老師

大雲好日日記-143 「禅と念仏(4) 白隠『遠羅天釜』」

禅と念仏(4) 白隠『遠羅天釜』(令和3年9月8日)   白萩(長岡禅塾)   「禅者は念仏がわからないといけない」。 「念仏がわからない禅は本物ではない」。 「真宗のわからない禅坊主は本物じゃない」 …

大雲好日日記-142 「私一人のため」

私一人のため(令和3年9月1日)   紫式部(長岡禅塾)   朝日新聞朝刊の「折々のことば」に こんな言葉が掲載されていた。(2021/7/25)   この本こそ私一人のために書き残されたの …

大雲好日日記-137 「田中清玄という男」

田中清玄という男(令和3年7月28日)   向日葵(禅塾近辺)     「十月に珍しい人が来ました」。   1967(昭和2)年ころの、 森本省念老師のある人に宛てた手紙に、 その …

大雲好日日記-136 「“わたしの森本語録”から(2)」

“わたしの森本語録”から(2)(令和3年7月21日)   クチナシ(禅塾近辺)   〇正しいとは、正が正に固執し自己を主張し、邪をどこまでも打ち滅ぼしてゆくのではなく、正は正しいままに正を忘れ、いわば …

法語掲示板-16 「女人成仏」

女人成仏   サツキ(長岡禅塾)   〇森本老師に仏教学専攻の女子学生、 「仏典に、女人は罪業深くして、成仏できん、とあるが本当か」と真剣な表情。   「カンカンに怒っている、その怒りの当体 …

大雲好日日記-124 「‟わたしの森本語録”より」

“わたしの森本語録”より(令和3年4月21日)   牡丹(長岡禅塾)   〇 僧堂の生活は、忍辱的生活、作務労働、陰徳を積むこと、祈りと感謝の生活、参禅弁道がその特徴である。これを雲水に要求するために …

法語掲示板12 「光明遍照十方世界」

光明遍照十方世界   ドウダンツツジ(長岡禅塾)   廊下の掃除をしておったら、 そこが光明遍照十方世界、   草引きのときは、 草引きの場が光明遍照十方世界。   立つとき光明、 …

大雲好日日記-122 「禅と念仏(3)— 森本禅」

禅と念仏(3)— 森本禅(令和3年2月17日)   白梅(長岡禅塾)   (承前) つぎに、森本老師における禅と浄土真宗の関係について、見て行きたいと思います。問題はなぜ森本老師において禅 …

大雲好日日記-121 「禅と念仏(2)— 禅と浄土真宗」

禅と念仏(2)— 禅と浄土真宗(令和3年2月10日)   キンカン(長岡禅塾)   昨年12月23日の大雲日記の終わりに 森本省念老師からいただいた宿題のことを書いておきました。 そこで今 …

法語掲示板8 「坐禅すれば、優しくなる」

    坐禅すれば、優しくなる   坐禅すると対立がなくなる。 反対の立場が理解される。 こちらを離れて、反対の立場そのものになることができる。   愛がわく。 慈悲というか、親和 …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 公益財団法人 長岡禅塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.