無常について(9/26)

 

いつの年であったか、

京大での講義の折り、ひとりの学生が、

仏教の世界では無常ということをいうが、

禅ではその点はどうなっているのか

というような趣旨の質問をしてくれた。

 

わたしの応えはこうであった。――

この世界はたしかに無常です。

禅でもこのことは否定しません。

しかし、禅はこのことを前向き(積極的)にとらえています。

 

平家物語の「諸行無常」に代表されるように、

所謂「無常」の語には、どこか「はかなさ」「虚しさ」、「悲しさ」の響きがある。

この点で、後向き(消極的)である。

禅は、この世は「無常」だから、一刻も無駄にすることなく、

一生懸命に生きろ、と教えています。

 

ところで、仏教の「諸行無常」とは、

「あらゆる現象は変化してやまない」ということである。

鴨長明の方丈記、冒頭の一節は、

この「諸行無常」を、もう少し丁寧に説明している。

 

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず、云々。”

 

 

世界の現象も、このように、常に古いものが死に、

新しいものと入れ替わりつつ、全体としてそれ自身を維持している。

(生物学者の福岡伸一は、消滅と誕生のこの同時現象を

「動的平衡」と呼んでいる)。

 

ともかく、諸行無常は、

世界現象であり、その内実は、

生(創造)と死(消滅)との同時現象なのである。

しかも、

③「物我一如」として、

内(我)と外(我以外の物)との同時現象でもあるのである。