いのちなりけり(1/31)

 

乙女椿(長岡禅塾)

 

1/24のつづき。

2通目は、かつて花園大で私の講義を受講していた

I.T.さんから。

 

その彼女から、昨年久方ぶりに年賀状をもらった。

賀状は、見慣れないパンフレットといっしょに封筒に入れられて届いた。

それによれば、彼女は2014年、33歳のときに胃癌宣告をうけ、

手術で胃の3分の2を摘出したとあり、私をびっくりさせた。

彼女は健康優良女子そのもの、のように見えたから。

 

彼女は、大学を出てから間もなく結婚して、第一子を出産。

その間、出身高校で宗教担当の教諭として働いていたので、

授業内容などについて、話し合ったりしたことがあった。

それからしばらく音信が途絶えた。

後から分かったことだが、その間、彼女は病と闘っていたのだった。

 

寒紅梅(長岡公園)

 

今年も彼女から年賀状がとどいた。

病気の方は現在、経過観察中とのことだ。

幸い元気なようで、一安心した。

以下は、同封されていた「いのちだいじニストの書2」からの引用である。

 

「当時のことや日々感じたことを

1年前からブログで発信しはじめたら

現在、約120,000アクセスです(2018.4)

 

「ただ書くのではなく、ブログ読者の参考になるよう書いています。

 

「自分の中では胃がんになるという体験は最悪の出来事でした。

しかし、それを誰かの役に立てられるのなら、あの辛かった日々が

ちゃんと意味があったんだ」と思えるようになりました。(後略)」

 

ブログ「胃がん克服ママいずみのガン体験記と命の話」

http://inochidaiji.hatenablog.com/

連絡先:kyotocolor1981@gmail.com