竹と禅(4/25)

 

竹図・半頭大雅画(禅塾玄関上り口)

 

竹は禅と縁の深い植物である。

まず有名な香厳撃竹(きょうげんげきちく)の話から。

香厳智閑禅師(きょうげんちかん、中国、?-897)は

自分の投げた瓦片が、

竹に当ってたてた「カチッ」という音で、

一瞬、忘我の境に包まれた。

禅師開悟の瞬間である。

 

つぎに禅者が竹を好む話題。

そもそもなぜ禅者は好むのか。

それは竹に禅的な風姿が見られるからである。

たとえば、そのすくっと立った垂直の姿、

また、竹の節と節との間が空であること等。

 

食をして肉無からしむ可きも、(食事に肉は無くてもよいが、)

居をして竹無からしむ可からず。(住居に竹は無くてはならない。)

肉無くんば人をして痩せしめ、(肉が無ければ、人を痩せさせ、)

竹無くんば人をして俗ならしむ。(竹が無ければ、人を俗物にする。)

 

禅に心得のあった詩人蘇東坡(そとうば 1036-1101)の言葉である。

 

山桜(禅塾通用門横)

 

日本の寂室元光和尚(じゃくしつげんこう)も竹の姿を次のように詠っている

(『永源寂室和尚語録 上』より)。

 

心虚に体勁(つよ)くして 直(なお)くして還って清し

(中は空でも体は強く、真っ直ぐでしかも清らか)

 

叢林に独立して 老成と称す

(やぶの中で一本立ちしていて、老成と称されている)

 

この詩中の「勁」「直」「清」「独立」「老成」は

いずれも禅の縁語と見ることができよう。

 

つぎは良寛の詩である(入矢義高『良寛詩集』より)。

竿直くして節弥(いよい)よ高く

(幹はまっすぐで節はいよいよ高く)

 

心虚にして根愈(いよい)よ堅し

(心(しん)は中空で根はますます堅固だ)

 

爾(なんじ)の貞清の質を愛す

(お前の高潔な生地が私は好きだ)

 

千秋庶(ねが)わくば遷(うつ)る莫れ

(どうか千年もそのままであってくれ)

 

さらに中国の虚堂智愚禅師(きどうちぐ 1185-1269)は、

次のような素晴らしい句を残している。

 

相送って門に当たれば脩竹有り、

君が為に、葉葉、清風を起こす

 

このように竹は禅人によって好んで詩材とされた外に、

また水墨画の世界でも格好の画材とされている。

 

わが先師半頭大雅老師も竹を画くことをよくされ、

現在でも禅塾内の壁面などにおいて、その作品をみることができる。

竹図・半頭大雅画(柴庵玄関の間)