寺の鐘の音は騒音ですか?(令和2年2月26日)

 

板(はん)

朝5時と夜9時の2回、この板を打つ

 

スイスでも教会の鐘の音を「うるさい」

と感じる人がいると聞いて驚いた。(2/2朝日新聞グローブ)

 

「スイスでも」と言ったのは、

昨今、この国でも寺で突く鐘の音を「うるさい」

と文句をいう人が増えてきたようで、

そういう苦情があるので除夜の鐘なども、

とうとう昼間についてしまう寺があると聞く。

 

そう言えば、

数年前に警察官が禅塾を訪ねてきたことがあった。

要件はご近所から禅塾に苦情が寄せられているとのことであった。

即座に、「身に覚えはございません」と言いたかったけれど、

とにかく説明を聞いてみることにした。

 

禅塾では禅道場の仕来りで朝5時と夜9時に打板といって、

鐘の代わりに分厚い板(はん)を打つことになっている。

その音が「うるさい」と近くの人が警察に訴えてきたというのである。

これを聞いて私はびっくりした。

よもやそんなことがあるとは考えてもみなかったからである。

 

その場は禅塾の事情をよく話して、

引き取ってもらったが、

今に至るまで私は、

その類の「うるさい」という苦情がよく理解できないでいる。

 

私は言いたい。

「夕焼け小焼けで日が暮れて / 山のお寺の鐘が鳴る」

この童謡をよく聞いていただきたい。

かつては寺の鐘の音が子供においても、

その生活の一部になっていたではないか。

 

ミレーの「晩鐘」と題された絵をよく見てほしい。

教会の鐘の音が農耕する民衆の生活の中に

深く染み込んでいたではないか。

 

こういうゆったりとした時間の流れが

徐々に世界中で失われつつあるのは

まことに残念なことである。

 

禅堂庭に咲く白梅